2012年07月19日

とりあえず、現在の状態

えーと。
7/11に旭山病院へ
ここは2月にアスペルガーの診断をしてくださった、橋本先生の病院です。
目的は
・会社から診断書出せ、と言われたので診断書をもらう
・天使病院の則子先生にさじを投げられちゃったので、主治医になってもらう
・障害者手帳の相談
・障害者年金の相談
・頭の中がおかしくなっているので診てもらう
でした。

で、主治医になってもらいました。天使病院とはこれでおしまい。自立支援証の指定病院を書き換えて、今後は旭山病院の橋本先生がドクターになります。
(天使病院はいい病院なんだけど、基本的に神経内科なんだよね。うつ病までは投薬でなんとかなるけど、それ以上の精神面の病気には対応出来ない。たぶん、心理検査もできない。投薬する方法しか施術を持ち合わせていないので、発達障害までいっちゃうと対応が出来ないのでした。)

で、障害者手帳。
橋本先生に事前に聞いていたのは、知能障害。札幌市は、アスペルガーなどの発達障害は、IQがいくつあっても「実用性の乏しい知能」として、知能扱いにならず、知能が足りない=知能障害の扱いになるのですね。くりにゃーさん、IQ138だけど、見事に「実用性の乏しい知能」だそうな。自分でもびっくりだよ。
http://www.city.sapporo.jp/kosei-sodan/reha/rehabook2010.html
というわけで、8月の下旬にまあち http://www.city.sapporo.jp/shisetsuannai/229.html に行って、検査です。知能障害者手帳(療育手帳。誰に療育してもらうんだか)が取れるといいなー。

で、障害者年金。
橋本先生の言うことにゃ、療育手帳を取ると「作業所」というところしか労働先はないんだとか。そこは月収が3万円。もちろん暮らせません。で、年金の手続きをするようにとのこと。
年金事務所にいったところ、初診日証明をもらってねー、ということで、発達障害の二次障害としてのうつ病の初診日をもらうことになりました。東京で発症したので、東京の神田東クリニックに証明書を出してもらいます。今週末には来るかなー。(年金はたぶん取れないと思う。今、社会保障費の支出については、公共はかなりきびしいから、ほとんど無理と思うんだけどね。どうしよう。)

で、頭の中。
くりにゃー、頭の中で思考するときは、音声言語で思考しています。脳内のひとりごと。で、その脳内独り言が、今、おかしいのです。
イントネーションがなくなってる。
なぜか、高い音・低い音の二音になっていて、まさにロボットボイス。
いいかげん、考えことするのが苦痛です。
まさか、こんなとこで知能を放棄することになるとは。
で、天使病院の則子先生には、脳内が音声言語であることすらわかってもらえなかったのだけど、橋本先生にはそこまではわかってもらえた。しかし、脳内イントネーションの消失や、ましてやロボットボイス化は聞いたことも無い様子。
で、発達障害のデイケアがあるので、そこで同じ障害のひとに聞いてみたらいいんでないかい、てことになりました。
くりにゃー、8月までは今の職場に拘束されているので、9月になってぷーになったら、デイケアに行ってみようと思います。

で、9月から。
年金の申請をできたとしても、申請の結果がわかるのは3ヶ月以上先のこと。それもかなり望み薄。
ということで、職をさがさなきゃならない。
facebookの発達障害グループで、発達障害支援センターというのがあるよ、と聞いていたので、そこにお電話。
http://www.harunire.or.jp/ogaru/
で、9月に個別相談して、今後の職の探し方を指南してもらうことになりました。
お仕事あるといいなー。

ま、そんな感じで、目指せ!障害者、なのです。
posted by くりにゃー at 21:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき