2014年10月19日

情報処理試験でした

今日は半年に一回の情報処理技術者試験。
まいどおなじみ、北大です。(くりにゃーの頃は教養部と呼んでいた場所。)

試験スタッフの準備がとてもへたで、試験会場の案内ができていないのです。
N棟、としか書いてないけど、N棟って研究棟と大教室棟の2つあって、まったく場所が違う。
試験会場の教室まで明記すればいいのに「N講義棟」としか書かないから、どこにいっていいかわかんない。
しかたないから、ロビーのスタッフに聞いたら、なんと嘘を教えられたし。
N棟の研究棟の最深部の教室を教えられて、そこまで行って教室の前の受験番号シートを見たら、くりにゃーの番号がない……。
しかたないので、戻って、別な人に聞いたら、別な教師を教えられる……。

スタッフ用の教室シートをちゃんと掲示しておけばいいのに。
あれだと、あの階段のところに独りしかいないスタッフに、みんな聞いていくことになるから、あのスタッフじゃパンクしたと思う。

という感じで、10分間ロスして、試験会場に入りました。

今回は、ネットワークだよ。
(セキュリティスペシャリストは3回続けて落ちたから、とりあえず違うのにしたのにゃ。)

午前1。
ネットワークと運用管理とストラテジストとアーキテクトの共通の基本共用問題。
って、ストラテジストの経営に関わるシステム企画の問題なんてわかるかぁ!
(と言いつつ、くりにゃー、ユーザー部門でのシステム導入・企画検討者の情処の試験である「上級シスアド」を受かってるから、ここらへんの問題にすらすら回答出来ないとまずいんだけどね。)

午前2は、ネットワークのみの基本教養問題。ま、ここは、なんてーか参考書のまんまの問題が出たから、一夜漬けでなんとかなったと思う。

午後1は、実際のケーススタディのような筆記問題。
これがむずかしかった……。
これ、実際にネットワークシステムを構築してないと、わかんないよ。問題集レベルじゃ無理。実戦で設計を身に付けてないと、問題の言葉の意味すらわかんない。
ここであっけなく轟沈です。

ま、午後2は、どうせ採点されないから、きらーくにやっつけました。(実際は午後1よりも簡単だった。けど、採点はされないんたよね。)

やっぱ、くりにゃーは、試験に受かるための勉強をする、てのは苦手っぽいです。
いままでやってきたことの力試しとして試験を受けることしか出来ないみたい。(実践でしか知識が身につかないタイプですにゃー。)

結果は来年にゃ!
posted by くりにゃー at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104749374

この記事へのトラックバック