2009年04月26日

雪が降りました

札幌、4月末ですけれど、なんと、朝起きたら、みぞれ交じりの雪が降ってます。
気温はマイナスにはならなかったみたいなんで、積もることなくすぐに溶けちゃうんだけど、この時期に雪ですかー。
そろそろ桜の開花も近いというのに、雪が降るんですね。
くりにゃー、お車はなくなっちゃったけど、夏タイヤで走ってる人も多いんだろうなぁ。事故が心配です。
なんでも道東のほうでは積雪40cmとか言ってるし、いまさら冬に逆戻りなんですね。
くりにゃーは、ぬくぬく暖かい方が好きです。
はやく春にならないかなー。

posted by くりにゃー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2009年01月29日

落花生が届いた!

はるか南方のアル♪さんから、落花生が届きました!

北海道では、節分祭の豆まきは、殻付き落花生でやるんですよ。炒り大豆だと雪の中に埋もれてしまって、取り出せないから、落花生で豆まきして、雪の上にちょこりんと乗っかっている落花生を回収して食べます。

アル♪さんとこは、落花生の産地として有名です。お値段が高い落花生です。
(くりにゃーが以前住んでいた、相模の国でも落花生は名産品だったんだけど、下総の国のほうが質がいいみたいですね。平塚のメインストリートには豆屋さんが3件くらいあったんですけれど、今はどうなっちゃったのかな。相模屋で豆買って、北海道に送ってから帰省するのが習わしになっていましたが。)

今年も、アル♪さん、ありがとー!
(でも、父親が虎視眈々と落花生を食べようとして狙っている。節分まで残っているのか?)


今日のぽてぽて
今日は、おうちでじっとしていました。ってかすやすやとおやすみ。猫は寝るから寝子なのだ。
ということで、歩数は、118歩。だちょうさんは、わにさんに退化してしまいました。す〜ぱ〜もジェルに戻るかと思ったら違ったよ。

posted by くりにゃー at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2009年01月14日

どんど焼きでした

北海道神宮の古神札焼納は、今日なんです。
どんど焼きですね。
去年一年、おうちを・個人を守ってくれたお札・お守りや、新年の松飾りをお焚き上げしよう、という催しです。
Dondo_090114a Dondo_090114b めらめらと燃えております。
午前10時から燃え始めたんだけれど、くりにゃーが来た時は12時半。下の方では熾きになっていて、ぶすぶすとくすぶっているけれど、上はめらめらと燃えています。
この火の山に、えいっと、紙袋ごと、お札や松飾りを放り込むのですね。
で、どんど焼きの炎に当たると、一年健康でいられます。くりにゃー、病気だけど、健康になれるかな?
そのあとは、境内の縁日でもぐもぐ。
ビーフステーキ 600円+ドネルケバブ 500円+チキンステーキ 300円+たい焼き2匹 150円×2+チョコバナナ 250円+やきそば 300円+揚げいも 300円。うーん。よく食べました。


今日のぽてぽて
どんど焼きに北海道神宮に行って、そのあと札駅のシネマフロンティアで映画見たら、それだけで、7855歩になりました。明日は歩きすぎないようにしないと、ノルマが上がってしまうなぁ。す〜ぱ〜もジェルは、うきうき踊りまくっています。

posted by くりにゃー at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行・地域

2008年07月25日

道新花火大会

 札幌には、花火大会があります。
花火大会を開くには、花火が開いてもいいだけの空間が必要です。
だから、だいたいの花火大会は、海とか湖とか、大きな川とか、まれに広場の上とかで開かれるのですね。
札幌では、それは豊平川。あまり川幅があるとは言えない川なので、規模は小さいのですが、札幌市民の夏の風物詩となって、とても愛されています。
一昨年までは、北海タイムス主催の花火大会もあったので、年3回だったのですが、去年から年2回に減ってしまいました。なので、貴重な花火大会。

いそいそと、くりにゃー、花火大会の始まる1時間45分前に現地に到着です。
昔は2時間前とかに行ってたんだけど、露天商が出る前だったので、寂しい思いをしたので、このくらいの時間にしました。おめあてのキリンビール園での鳥ザンギ(唐揚げ)とフライドポテトを買って、露天商のやきそばとジャンボ鳥串とチョコバナナを買って、用意万端整いました。(地下鉄出口で配っていたうちわをもらったのだけれど、ニュークラブ(内地で言うキャバクラ)と、出会い系の宣伝うちわだった……。こーいうのは処理に困ります。でも、お尻の敷物に使えたから、良しとするかぁ!)

ということで、もぐもぐしながら、花火のスタートを待ちます。
どんどんと人が入ってきて、身動きできなくなってきたところで、花火のスタートです。
Hanabi_080725a Hanabi_080725b やっぱり花火は近場で見るのがいちばんですね。
最初は、まだ空も薄明るかったんだけど、徐々に真っ暗になってきました。
花火が映えますね。
 

Hanabi_080725cHanabi_080725d 花火は、やっぱり頭上で拡がる大きな火花と、お腹にずしんとこたえる音がいいですね。
 
 
 

Hanabi_080725e Hanabi_080725f 花火には、筒に一個ずつ入れて打ち上げ火薬で打ち上げる打ち上げ花火と、あらかじめ打ち上げ筒を並べてあって、電気仕掛けで次々に発射するスターマインとがあります。
 

Hanabi_080725g Hanabi_080725h 打ち上げ花火の中には、「型物」と言って、打ち上げた後、ある形になるように、玉が作ってある物があります。
左がニンジンで、右がパイナップルですね。

Hanabi_080725i Hanabi_080725j 静止画でupしているのは、打ち上げ花火で、たいがい1発ずつの打ち上げです。ときどき2発ずつの打ち上げもありました。

 
 

Hanabi_080725k 今回は、打ち上げ花火はKiss Digital を1秒露光、手持ち(!)で(Image Shift大活躍)、スターマインはEXILIM S-600 の動画で撮影しました。
さすが1秒も露光すると、光の流れが撮れていい感じに仕上がりました。

大会のファイナルは、大スターマインです。7分間続くスターマインの豪華さにうっとりです。


で、この翌週にも花火大会はあるのでした。
帰り際に、ソフトクリームと綿あめを食べたのは内緒だ。


今日のぽてぽて
花火大会の会場まで、結構歩いたので、9648歩。ノルマ達成。
会場からの帰り、東豊線の豊水すすきの駅まで歩いたからなぁ。

posted by くりにゃー at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行・地域

2008年06月15日

さっぽろ祭り

さて、くりにゃーさん、徒歩で6kmなら歩けることがわかった。
ならば、今日は、南を目指そう!
そう、札幌の中心部を抜けて、幌平橋を目指すのだ!

やっぱり、ローソンでは、鳥から揚げ棒とガツンとみかんを買ってしまうのだにゃ。
もぐもぐもぐ。のたのたのた。

やがて、JRの高架を抜けると、ぴーひゃらどんどんどんと音が。(ちなみに、今日の散歩のお供は"Musicream/Fried Pride")
Sapporo_matsuri_080615a 子供鼓笛隊みたいな一団がやってきました。
ちいさなおみこしをもって、鼓笛隊が続きます。
でも、大きな音。存在感十分です。

そのまま、のたのたのたと南を目指します。

すると、北海道神宮の頓宮のそばにあたりました。
頓宮ってこんなとこにあるのねー。
Sapporo_matsuri_080615b ちょうど、山車が出発するところでした。
御輿行列は、いったん頓宮で休んでから復路に入るのですね。
山車には芸子さんが乗っていて、いろんな芸をしながら、情緒あふれる行列を練り歩きます。

残念ながら御神輿本体は見れなかったから、十字街に御神輿とか山車とかたくさん来ているかなーと思って、4プラ・パルコを目指してのたのたのた歩きます。

すると、そこには、なんと。
ランナーが。
なんか、札幌市民マラソンでもやっていたみたいですね。
小旗を持った人たちが沿道に鈴なりになっていて、道路をランナーが颯爽と走っていきます。
あれれ、今日は御神輿はないのかなー。土曜日が御神輿の日だったみたいですね。

ということで、そのまま、駅前通を南へ南へのたのたのた。
すると、大きな人のかたまりにぶつかりました。
Sapporo_matsuri_080615c 大量の人です。
さっぽろ祭りです!
露店・縁日・スマートボールに型抜き。
ジャンボ串焼きに、やきそば、たこやき、豚玉焼き。
バイクサーカスにお化け屋敷。
楽しい楽しい、札幌の初夏を告げるお祭りです。

さすがに日曜日。ちーっとも前に進めないくらいに人でいっぱいです。
でも、そこは、くいしんぼくりにゃー。
ジャンボ牛串と、ジャンボ鳥串と、牛ステーキ皿と、フルーツかき氷と、ジャンボ牛カルビ串と、かき氷を食べたよ。
あぁ、教育入院中でカロリー制限されてるの誰だっけ。

ふと、時計を見ると、外出申請した帰還時間が迫っています。歩いて帰れない!
しかたないので、幌平橋から地下鉄で帰ってきました。
満腹で地下鉄に乗ると眠くなるねぇ。
結局、この日は4kmしか歩けませんでした。
万歩計買おうかなぁ。

posted by くりにゃー at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行・地域