2016年02月14日

事故りました……。

それは2/12 金曜日の夜のこと。
派遣先でインフルエンザが流行り始めて、のどがいがいがしてきたのですね。
で、帰り道、うちの近くにサッポロドラッグがありまして、そこによって愛用の龍角散トローチを買っていこうと思ったのです。
そこは普段降りるバス停よりは1こ先にあるのですけれど、ときどき使うバス停。(というか会社に行くときはそっちのバス停。帰りの時は1こ手前のバス停、ていう感じ。うちは2つのバス停のちょうど真ん中にあるのにゃ)

会社を18:20くらいに終わって、19:15発のバスに乗って、くだんのバス停に到着しました。
降りた道は、片道2車線の中央分離帯で分離された対向の道。サッポロドラッグは、バス停の斜め反対側にあります。
まずは太い道を渡ろうと思ったんだけど、ちょうど赤信号になっちゃった。なので、細い道側を渡ります。とことことこ。
信号待ちになって、今度は太い道のほうが青になりました。
渡るよ!

♪でーっかいほにゃららー、ほーしーのをーうーみー。とどろけばかもの、電エース、常識を超えたおーとーこー!
電エースの歌を歌いながら渡ります。
中央分離帯に到着。まだ信号は青ですので、さらに横断歩道を渡ります。横断歩道の真ん中よりちょっと左。
中央分離帯から2,3歩踏み出したら、突然!

後ろから、押されたよ?
押された、と思ったら、そのあとは、顔の前に地面があるよ?目の前にカバンに点けてたジジさんのチャームがはずれてころがってる。ってか、めがね、ないよ?ってか、くりにゃー、転んでる?
あれれー。
とりあえず、起きよう。ジジさん拾って、めがねかけて。あれ。右目、レンズがない。下見たら、割れてころがってました。
ナニガオキタノ?

隣に車がいました。車からおじさんが降りてきて「大丈夫ですか?!」
あ。車に跳ねられたのか……。
おじさんに「救急車呼んでください」ってお願いします。くりにゃー、学童向けの教育で、事故があったらちゃんと救急車呼んでもらうようにしなさい、て教育されてるっていうニュースを見たので、とっさにちゃんと呼べました。

起き上がった場所は横断歩道の右端くらい。ありゃ。瞬間移動した。
車もくりにゃーも車線のど真ん中につったってましたから、邪魔なので、路肩に寄せます。
ちょうどバス停の場所なので、後ろからバスが来ました。邪魔にはならなかったみたい。

で、相手の車を見ると、フロントガラスに蜘蛛の巣状のひび。
あちゃー。頭ぶつけたか。
くりにゃーととさまは、冬道ですっころんで頭打って、それで脳挫傷になって認知症になっちゃったから、ちょっとこれはまずいかも、と思ったのです。
とりあえずかかさまに電話。「はねられたにゃー」。(その後、連絡がおろそかになってたから、かかさまはえらい心配したらしい。こういうのはちゃんと経過報告しないとだめですね。)

どうやら横断歩道を歩いているくりにゃーに、右折しはじめた車が後ろから突っ込んだらしい。
バンパーが腰かお尻あたりにぶつかって、くりにゃーの腰が逆エビぞりでそりかえりながら、ボンネットの上に乗って、そのままフロントガラスに後頭部か頭頂部がぶつかった。そのあとブレーキ踏んだのかも知れないんだけど、反動でボンネットから前に放り投げられた、てな感じだと思います。
ぶつかった本人は、ボンネットに乗ったこともガラスにぶつかったことも全然気づかなかったんだけどね。

で、救急車が来るまでは寒いでしょうから、てんで、車の中にいれてくれました。相手の人、いい人。
相手の人と名刺交換します。名前わかんないと困るよねー。
ここでくりにゃー、大失敗してて、相手の人に自分の個人携帯を伝え忘れてたのと、相手の人の個人連絡先を聞き忘れました。失敗。
しばらく待っていると救急車と警察さんが来ました。

くりにゃー、自立歩行できるし、特に痛いとこもないんだけど、こういう事故った直後ってアドレナリン出て、交感神経が活動してるから、各所が収縮して痛みそのものも感じないようになってるはず。だから自覚症状がなくてもちゃんと調べないとまずいかな、と思ったのでした。
救急隊員さんは4人も乗っていて、ちょっと申し訳ない感じ。
救急車内のストレッチャーじゃないベンチのほうに座ります。
指にサックはめられて、コートの上からカフ巻かれて、脈拍とか酸素濃度とか血圧とか計ります。体温計ももらって体温も測ります。
バイタル取りつつ、頭に傷とか出血とかないか、頭をなでられます。なでなでなで。猫族は頭撫でられるの好き−。

やはり脳が心配ってことで、脳外科に行きましょうということになって、脳外科を探しますが、救急担当の脳外科はどこもいっぱい。
その日の札幌は異様にあったかい日なので、怪我人とか病人が多かったのでしょう。
病院探しつつ、おまわりさんが救急車にやってきました。事故の時の状況とか自分の個人情報とか、いろいろ聞き取られて。
とはいえ、夜に後ろからつつかれると、後ろには目なんてないので、何が起きたかなんてわからないんですよね。あまり返事する内容がありませんでした。

そうこうしているうちに、なんとか検査してくれる病院が決まりました。
そこからは救急車、速い速い。
横向きのベンチシートなので振り落とされるん゛ゃないか、てくらいの勢いでノンストップで病院です。
緊急車両、最強です。

ついた病院はとても立派な病院ですが、救急担当の場所についたらストレッチャに寝かされました。
くりにゃー、スーツにコート、ネクタイなんだけど、手際よく剥がされていきます。いやーん、おむこに行けなくなっちゃう。
まずはお腹を超音波エコーで見られて、ここでも血圧・体温の測定。
で、ちょっと待ってから、車椅子に乗せてもらって、頭部CTと腰部レントゲンの撮影です。あと、地面に着地したときに左膝からついたから、左膝もレントゲン撮影。

検査自体はすぐに終わって、しばらく待っていたら、異常なし、とのことでした。
とはいえ、腰部については腰椎は潰れてる。これがもともと持ってる腰痛なのかはわかんない、とのことでした。
もともと腰部については主治医に診てもらえ、と救急隊員さんからも言われてたし、病院に着いたときの救急担当さんからも言われてたので、これは翌日に天使病院に行くしかないなぁ、と思ってましたし、しかたないなぁ。

さて、ここで大問題。
くりにゃー、お財布、1000円しかないよ?
交通事故って、健康保険使えないよ?
相手の保険屋さんともコンタクト取れてないよ?
全額、立て替え、ってどうしよう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

しかし、くりにゃー、運が良い。
この病院は、クレジットカードが使えました。支払えたよ。よかった。
ということで、当日は、何も問題なく、病院を後にしたのでした。

posted by くりにゃー at 11:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 心と体

2015年06月01日

あいこのまーちゃん

Webまんがへの連載が連載開始日の2日前に取り消された、例のまんが「あいこのまーちゃん」
連載中止決定で、ネット界隈でたいへんな評判になった例のまんがですが、作者は、ネットで資金提供の募集をして、作品の完成を目指したのでした。
fundiy という、クリエイター向けの Kick Starterみたいなネットファンドなのですね。

くりにゃー、このまんがに興味を持って(えぇ、もちろんエロイ下心です)、資金に応募。
完成品がオンデマンドプリントされて製本されるコースです。
(いちばん安いのは完成稿がPDFで配信されるコースだったんだけど、やっぱ本って、ちゃんと本になってないとお金だした実感が湧かないよなーと思って、製本コースにしました。)

あいこのアソコが自分で言葉をしゃべってあいこにいろいろ教える、というお話しだと思ったのね。
したら。
最終回にかけての3話くらいは壮絶な展開になって、鳥肌たちました。
思春期少女の潔癖でいたいという意識と実際の身体との葛藤って、あんなにすさまじいものだとは。

で、ファンドへの盛り上がりの結果、オンデマンドでの少量印刷ではなく、商業製本になったのです。
もともと、このネタでは都の有害図書規制にひっかかるから出版出来ない→連載出来ない、て流れだったのに、なんと正式に(青年図書マークでもなく)一般図書として出版出来てしまう。出版社の自主規制ってやつは、なんとも作品を簡単に殺すのだなぁ。

ということで、オンデマンドプリントではなく、出版社の書籍が送られてきました。
でねー。
ふふふっふー。

くりにゃー、出資者ってことで、本のクレジットに載ってるんだよー。

IMG_0624.JPG

書籍コースのひとたちの名前がサポーターってことで載ってます。
こうなるとは思わなかったけど、なんかうれしい。

ちなみに、サイン付きです。
IMG_0620.JPGIMG_0622.JPG 

いろんなひとの手にとって貰えるといいな。
posted by くりにゃー at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

うちの庭のお花

庭のお花が咲きました。

裏庭には、ととさまが昔、湧別からもらってきたチューリップをほっらかしにしていたら、毎年咲いては球根が年越しして、ほとんどのらチューリップになったチューリップがさきまくります。
これは5/9の写真。
IMG_0626.JPG
IMG_0627.JPG
















手入れしてないから、ぼうぼうの庭です。
意外とチューリップって生命力強いですね。

IMG_0634.JPG





















こちらは庭に咲いている木。今日の写真です。
何の木かわからない。
去年は家の屋根を越える高さになった(5mくらい)ので、ぎこぎこ切りました。
それなのに、今年も咲き誇る。
強い生命力です。
今年もまた剪定しないといけないんだよなー。
(ほんと、なんて木なんだろう。)






posted by くりにゃー at 01:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき

2014年10月19日

情報処理試験でした

今日は半年に一回の情報処理技術者試験。
まいどおなじみ、北大です。(くりにゃーの頃は教養部と呼んでいた場所。)

試験スタッフの準備がとてもへたで、試験会場の案内ができていないのです。
N棟、としか書いてないけど、N棟って研究棟と大教室棟の2つあって、まったく場所が違う。
試験会場の教室まで明記すればいいのに「N講義棟」としか書かないから、どこにいっていいかわかんない。
しかたないから、ロビーのスタッフに聞いたら、なんと嘘を教えられたし。
N棟の研究棟の最深部の教室を教えられて、そこまで行って教室の前の受験番号シートを見たら、くりにゃーの番号がない……。
しかたないので、戻って、別な人に聞いたら、別な教師を教えられる……。

スタッフ用の教室シートをちゃんと掲示しておけばいいのに。
あれだと、あの階段のところに独りしかいないスタッフに、みんな聞いていくことになるから、あのスタッフじゃパンクしたと思う。

という感じで、10分間ロスして、試験会場に入りました。

今回は、ネットワークだよ。
(セキュリティスペシャリストは3回続けて落ちたから、とりあえず違うのにしたのにゃ。)

午前1。
ネットワークと運用管理とストラテジストとアーキテクトの共通の基本共用問題。
って、ストラテジストの経営に関わるシステム企画の問題なんてわかるかぁ!
(と言いつつ、くりにゃー、ユーザー部門でのシステム導入・企画検討者の情処の試験である「上級シスアド」を受かってるから、ここらへんの問題にすらすら回答出来ないとまずいんだけどね。)

午前2は、ネットワークのみの基本教養問題。ま、ここは、なんてーか参考書のまんまの問題が出たから、一夜漬けでなんとかなったと思う。

午後1は、実際のケーススタディのような筆記問題。
これがむずかしかった……。
これ、実際にネットワークシステムを構築してないと、わかんないよ。問題集レベルじゃ無理。実戦で設計を身に付けてないと、問題の言葉の意味すらわかんない。
ここであっけなく轟沈です。

ま、午後2は、どうせ採点されないから、きらーくにやっつけました。(実際は午後1よりも簡単だった。けど、採点はされないんたよね。)

やっぱ、くりにゃーは、試験に受かるための勉強をする、てのは苦手っぽいです。
いままでやってきたことの力試しとして試験を受けることしか出来ないみたい。(実践でしか知識が身につかないタイプですにゃー。)

結果は来年にゃ!
posted by くりにゃー at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン・インターネット

2014年10月11日

加湿器を買いました

札幌、急に冬になりました。
さむいさむいさむい。
それまでは、夏用のぺらっぺらのスーツで通勤していましたが、冬用のスーツにしてお腹が冷えるのでベストも着て。(はらまき、どっかにいってしまった。)

で、ついにストーブ登場。
寝室は北の部屋なので、寝る前にストーブであたためます。
すると、困ったことが。

乾燥するよ!
ストーブを使うと、部屋の湿度は下がるんです。

くりにゃー、でぶ猫なので、寝ているときは口が開いています。(たぶん、SASになってるんじゃないかな。いびきすごいし、のどはふさがってて、苦しくて口呼吸してるんだと思う。)
それで乾燥した空気を吸うと、一発でのどがやられます。毎冬、龍角散トローチが週に1箱のペースで消費される。

というわけで、加湿器です。IMG_0492.jpg
いままでは、横浜の鉄筋の6畳の寮にいたころに買った、タイガーのスチーム加湿器 ASI-A160 だったのです。
鉄筋なら6畳ですけど、いまのおうちは実家なので木造。木造だと3畳まで、てなってますね。
しかも消費電力は180W。
スチームなので消費電力は高い。
さすがに買ってから10年は経ってるので、カルキの粉が固着してすごいことになってましたが、これはクエン酸を買ってきて煮沸したら取れました。(たわしでこするより、クエン酸。圧倒的に溶ける。)

何年かはこれで過ごしてたんですけど、さすがに毎年喉をやられるのもキツイなー、ということで新規導入です。

スチーム式で木造6畳に対応するのとなると、消費電力がハンパない値になります(600Wとかいくよ。くりにゃーテリトリは、20A契約なので、パソコンと電子レンジと加湿器を使うと、たぶんブレーカーが上がる。)

なので、今回は気化式にしました。IMG_0496.jpg
東芝のKA-P50X。安心の国内メーカー(だけど中国製)。
うるおす、というファミリーネームのシリーズです。
このまんまるいとこに、スポンジみたいなロールが入っていて、下の水受けに浸したスポンジロールがぐるんぐるん回って、真ん中にある送風ファンでスポンジの水を気化して外の穴から湿った空気としてお部屋に出す、という仕組みですね。
なので、ロールが回るコトコトと言う音と、ファンがまわるひゅいーんって音がします。湿度が低いときは全力運転するのでそれなりにうるさいけど、湿度が上がってくると低速運転になるのでほとんど音がしません。

なんと、これは19Wです。蛍光灯1本分。


しかし、この子、デカい。
直径40cmくらいあります。(前のタイガーは25cm角くらい。)
ちょっと置き場所が必要です。

さて、これで喉がやられない幸せな冬越しが出来るカナー。




posted by くりにゃー at 07:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき